BLOG

AKI YAMASHITA

山下アキ

イラストレーター
1974年長崎市生まれ
パレットクラブスクール、安西水丸塾受講
雑誌、書籍、フリーペーパー等で活動中
ザ・チョイス年度賞入賞、TIS公募入選
2012年HBギャラリーにて『君住む街角』個展
グループ展多数参加

線画、点描、貼り絵などで制作し、
自分の好きな風景や建物を取材して描くことをライフワークにしている。

http://yamashitaaki.com

RECENTRY POST

<<  2018年4月 

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2018/04/21

村野藤吾さんの建築

私は村野藤吾さんの建築が好きで以前から都内、関東周辺や関西にある村野建築を観て絵を描いています。
それらの原画を展示したことがあり、tatodesignの大山さんが購入して下さったことが、このブログを描くきっかけとなりました。


その絵はこちら『横浜市庁舎』です。

5F140275-207E-445D-9F77-719EA9F7BD7A.jpeg




















先日、目黒区総合庁舎建築ガイドツアーに参加してきました。
目黒区総合庁舎は、かつて千代田生命保険相互会社の本社ビルで村野藤吾さんの代表作の一つで1966年に竣工されたそうです。
以前、観に行ったことはあったのですが、今回は内部も観ることができました。
旧千代田生命時代のクラブ活動で使われていた茶室や村野建築の真骨頂の階段や天井の装飾もガイドさんのお話をお聞きしながら観せていただきました。 
和室の障子、襖の柄、透かし天井など細部へのこだわり、建物の側に植えられた欅の木に至るまで、村野さんのこだわりが伝わってきた。
小津映画のようだと勝手に感じてしまいました。

1963年に日生劇場を建てた時に使った建材の石がエントランス部分に設置されているのだか、それがまたとても良かった。



IMG_9639.JPG














一瞬何なのかわからないのですが、遊び心なんでしょうか。
今では人がつまづかないようにコーンが置いてあったのが残念だった。 。

ツアーに参加していた人は建築関係の人が多く専門的な言葉が飛び交い、ちょっと羨ましかったです。
この建築ツアーでの収穫、階段や和室などの絵は近日中に描いてみようと思います。

これは目黒区庁舎の絵です。


C300B6E2-B0C1-4ACB-ADB1-B4D1C37ABA7D.jpeg









































  • 1

UP