BLOG

KOUSAKU HOTTA

堀田幸作(tasobi project 代表)

僕はこの14年くらい食の変態的な作り手に会う旅を続けています(笑)
食材を巡る旅の途中から、気づけば南の島の畑で働くことになり、ウミンチュのおじちゃんと海に潜り魚介を採るようになったり、六本木農園の園長になったり、元々はbluestudioでリノベーションの仕事をしていたり、様々な業種を渡り歩いてきました。
僕の中ではそれらは繋がっていて、これからそれらを活かせると思うとワクワクが止まりません。
また今ではその旅に興味を持ってくれたシェフと一緒に旅をしたり、イベントを企画・運営したりもしています。「旅する事」と「遊ぶ事」が僕の仕事です。
そして、変態的な“超個性”を発見するのも仕事です。

現在は株式会社tasobiを立ち上げて、慣れない社長を緩やかにしております。

「創造力は遊びから生まれる」という信念を掲げ、クリエイティブで楽しい食の生業を目指し、毎日を情熱的に、でも肩の力を抜いて生きています!

tasobi
http://www.facebook.com/tasobitasobi

RECENTRY POST

<<  2016年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2016/06/22

宮崎県の綾町で出会った伝統食「あくまき」

宮崎県の綾町で出会った伝統食。
「あくまき」
実に興味深い。
作り方はシンプル、
もち米を一晩灰汁につけて、
同じく灰汁もしくは水で一晩浸した孟宗竹で包み、孟宗だけをひも状にしたものでしっかりと縛り「灰汁」で3時間くらい煮る。
それだけ。
とてもシンプル。
しかし、この灰汁と、孟宗竹、熱の効果がすごい。
竹の中で膨張するモチ米は、自身の膨張圧力で餅のように変化するらしい。
また、灰汁の強アルカリ性により、糊化が促進されるらしい。
水分も多いので、冷めても硬くならないという特徴も同じもち米でも、いわゆる餅とは異なる。餅というより、わらび餅に似たようなテクスチャーだと思う。
長時間火にかけることによる滅菌、
アルカリ性による雑菌繁殖の抑制、
竹による抗菌と、
実に保存性に優れた食べ物である。
歴史は長く400以上年前から存在する保存食とも言われているらしい。
それにしても何故、
もち米を竹の皮で巻いて、灰汁で煮ようと思ったのだろう、、、。
人間のクリエイティビティには本当に驚かされるばかりである。
13428488_1152133224830124_8319415101367599008_n.jpg13510947_1152133251496788_3326129933522860758_n.jpg13434918_1152133268163453_8929326028677964816_n.jpgIMGP7907.JPG


UP