BLOG

MIKI HONMA

本間美紀 (エディター&ライター、時々キッチンジャーナリスト)

早稲田大学卒業後、インテリアの専門誌「室内」の編集部に勤務。
特にキッチンを得意としながらインテリア、ライフスタイル、
デザインの取材活動を続ける。独立後は「リアル・キッチン・ガイド」や
「最高のキッチン・ルームをつくる方法」(エクスナレッジ刊行)などのムックを手がけながら、
多方面で執筆、取材、セミナーなどの活動を行なう。

RECENTRY POST

<<  2017年2月 

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

2016/01/28

ウェブマガジン リアルキッチン&インテリア

スクリーンショット 2016-01-28 22.20.20.png


キッチンとインテリアの素敵な写真を満載した
ウェブサイト「リアルキッチン&インテリア」がスタートしました。

TATOデザインの皆さんの
家づくりのヒントになる
インスピレーションある写真がたくさん載っていると思います。

あまりベタな実用情報はあえて載せていません(他のサイトでいっぱいあるから)。
夢の世界のような、手の届くようなふとした'リアル'。
それがおり混ざるような不思議なウェブサイトです。
私のコラムもたくさんアップしています。


ぜひ遊びに来てください。


2015/09/01

フリッツハンセンの社食、、、!@デンマーク

デンマークの代表的なインテリア企業3社(フリッツハンセン、ロイヤルコペンハーゲン、ディネーセン)から
招待を受け、
今年もデンマークに行ってきました!

で、フリッツハンセン本社の社食でランチがありました。
社食ってなかなか行かれないだけに、
レストランよりも楽しみです。
ただたいてい忙しいランチなのでゆっくりはできませんけどね。

ビュッフェ形式のキッチンに
フリッツハンセンの家具でのダイニング。

P8274162.JPG
お料理はゲスト用ですが、とても美味しかったです。
フレッシュな感じ。

P8274167.JPG

そんなフリッツハンセンで見た、とってもタトデザイン読者好みのセブンチェア。
新作のカラーはニュアンスある北欧らしい色。
コペンハーゲンの現代アーティストが携わっています。
そんな物語はこちらから。


2015/07/11

デンマークデザインの専門サイトがオープン

昨年コペンハーゲンに行ったときに、
よかった場所の一つがこちらのワインバー。

プロダクトデザイナーのセシリエ・マンツや
ルイーズ・キャンベルがここでカクテル(夕刻からの軽い飲み)してることもあるそう。
タトデザイン読者に注目してほしいのは
「コペンハーゲンスタイル」といわれる金のラインが刻まれた天井。
これ、この街の伝統的な建築スタイルで、このバーはそれをのこしてリノベしたんだそうです。
P4280881.jpg
メニューはなく、自分の気分を伝えてワインをオーダーするという
旅行者には敷居の高い店?
でも英語は100%伝わりますから、だいじょうぶ。
月曜日にはスタッフのまかないを振る舞ってくれるそう。

P4280891.jpg

そこにプルーヴェなどの名作家具のリプロをコーディネート。
奥にはヘラ・ヨンゲリウスのヴィトラのソファがあったりして。

P4280906.jpg

とコペンハーゲンの思い出話を。

デンマーク大使館の企画でデンマークデザインの専門サイトがオープンしたそうで、
その詳細はこちらから!

UP