BLOG

SHIRO OZAWA

SHIRO OZAWA
小澤 史郎(小澤金物店 店主)

1989年福井県生まれ。
箪笥など工芸の様式を調べるなか、金物の美しさに触れ、
和金物を中心に伝統的な金物をそろえた小澤金物店を開業。
「日本の美しい金物」をコンセプトにしつらえにかなう金物を製作販売している。

建築空間や家具など、その意匠全体に大きな影響をあたえる金物。
金物という小さな伝統がもつ美のエッセンスを求めて日々調査、研究に取り組んでいる。

座右の銘は「たかが釘、されど釘」

小澤金物店
http://ozawakanamonoten.com

RECENTRY POST

<<  2016年11月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2016/11/04

京都木工芸協同組合青年部 木工芸展2016

こんにちは。
秋の日和は本当に心地よいですね。
朝晩冷えるのはツライところですが。。。



ただいま秋の京都で京都木工芸協同組合青年部様の木工芸展が開かれています!



京都木工芸協同組合青年部.jpg



「POWDER PLANT」と名付けられたその会場は、
京都市上京区河原町今出川下ル梶井町の清和テナントハウス2階にあります。


古い木造建築のこのハウス。
ミシミシなる階段を上がるとリノベーションされた美しい空間が!


丁寧な京指物の仕事に、青年部のみなさんの近作がたくさん並べられています。
これまでの指物とは一味違う現代の生活の中でも是非使いたい!そんな家具や雑貨がずらり!


私が訪れた11月3日は
京都木工芸協同組合理事長井口彰夫さんと青年部の方々のトークイベントの日。
一般の方をはじめ、木工を学ぶ学生さんなど大勢の方々が参加され大盛況でした!


私がこの日、実際に見て触って感じたことは、
京指物はやっぱり仕事が丁寧だということ。


古都、京都ならではの感覚と美しい仕事です。



会期は11月6日(日)までです。
詳しくはこちら <京都木工芸協同組合青年部HP




今回の展示の企画をされた PLANNING OFFICE 4 さん、 
それと私の大好きな カフェ工船さんも、この清和テナントハウスに入ってらっしゃいます。
うーん。。。興味深い建物!






UP