BLOG

SHIRO OZAWA

SHIRO OZAWA
小澤 史郎(小澤金物店 店主)

1989年福井県生まれ。
箪笥など工芸の様式を調べるなか、金物の美しさに触れ、
和金物を中心に伝統的な金物をそろえた小澤金物店を開業。
「日本の美しい金物」をコンセプトにしつらえにかなう金物を製作販売している。

建築空間や家具など、その意匠全体に大きな影響をあたえる金物。
金物という小さな伝統がもつ美のエッセンスを求めて日々調査、研究に取り組んでいる。

座右の銘は「たかが釘、されど釘」

小澤金物店
http://ozawakanamonoten.com

RECENTRY POST

<<  2016年12月 

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2016/12/16

factory zoomer / gallery 佃 眞吾 展

ご無沙汰しております。




北陸は冬に突入。
朝、目がさめると外は雪が積もっていました。



そんな今日、金沢の factory zoomer  gallery にて
京都の木工作家佃眞吾さんの展示がはじまりましたので、初日伺ってきました。



factory zoomer は金沢在住のガラス作家、辻和美さんのショップです。
そのギャラリーが今春、香林坊から兼六園に向かう道中、21世紀美術館のすぐ近くにオープンしました。



DSC_6136.JPG



しいのき迎賓館(旧石川県庁舎)の向かい、大通りに面した大変風光明媚なところ。
ついつい中に入りたくなってしまう、そんなギャラリーです。



佃さんとは何度もお会いしているし、作品も大好きなんですが、
なかなかまとまった数を見る機会はなく、今回は初日に伺えるので大チャンス!




会場中




きゃー!いっぱい!!!
「佃さんといえばこれ!」という、刳りものの器や盆の数々。。。



佃さんの仕事はどれも線がすごくきれいなんです。
刳りものでこれだけきれいに線を出しているんだけれども、キマリすぎていない絶妙な感覚。
だから場面を決めすぎてしまうことがないので、汎用性も高く使いやすい。



刳りもの盆



私が選んだのは手前の漆塗りの折敷。
栗の柾の板の刳りものです。本当に嬉しい。
(家に帰り早速、この折敷でシチューをいただいたのですが、最高でした。)



螺鈿


こんな螺鈿の香合も!



このほかに、御重や筥、茶入れなどなど垂涎ものがたくさん並んでいます!



会期は2017年1月9日まで。
まだ会期ありますので、金沢に行かれる際は、是非!



詳しくは factory zoomer さんのホームページをご覧ください。




factory zoomer / gallery では辻和美さんのガラスの器の注文を受け付けています。
辻さんのガラスは冬でも大活躍!冷たいものだけでなく、私はゆずをたっぷり絞って、
はちみつを入れ、お湯で割ったものを辻さんのグラスで飲んでいます。



冬は蟹!ズワイガニのメスのせいこがには12月いっぱいまで!
冬の北陸おすすめです!

  • 1

UP