BLOG

SHIRO OZAWA

SHIRO OZAWA
小澤 史郎(小澤金物店 店主)

1989年福井県生まれ。
箪笥など工芸の様式を調べるなか、金物の美しさに触れ、
和金物を中心に伝統的な金物をそろえた小澤金物店を開業。
「日本の美しい金物」をコンセプトにしつらえにかなう金物を製作販売している。

建築空間や家具など、その意匠全体に大きな影響をあたえる金物。
金物という小さな伝統がもつ美のエッセンスを求めて日々調査、研究に取り組んでいる。

座右の銘は「たかが釘、されど釘」

小澤金物店
http://ozawakanamonoten.com

RECENTRY POST

<<  2018年8月 

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2018/08/03

看板屋さんにガラス戸に手書きで書いてもらいました。

みなさん、こんにちは。




今回、ガラスの建具の看板を書き換えましたのでご紹介します。


これまでも看板はあったのですが、
ガラス建具のところにちらりと「和金物 小澤金物店」と白字で清朝体の活字を引き伸ばしてペイントしておりました。


私はこれはこれで今風かな?(笑)とか思っていたですが、
お年寄りからは評判が悪く、
「あんなのなんて書いてあるかさっぱりわからん」(どっかのおばちゃん)とか
「インパクトが無い」とか言われてました。



IMG_5429.jpg
(少し前の弊店外観。小さく白地のペイントがあった。)



そこで、これまでもいいなーと考えていた昔ながらのお商売屋さんの入り口のガラス戸のように
手書き文字で店名を入れたいと市内の看板屋さんにガラスに手書き看板が出来るか確認して回りました。


けれどカッティングシート一を提案され、手書きはどこも引き受けてくれませんでした。


そこで福井市の方へ電話してやっと、見つけたのが今回お願いした看板屋さんでした。



翌朝9時過ぎ、道具一式持って来られていて「今日書きます」とおっしゃいます。



まず打ち合わせして、雰囲気を伝え、見積りを後日送っていただけるのだろうと思っていたのですが、着くと挨拶もそこそこに、書く内容を聞かれすぐ仕事開始。



4枚の引戸のうち中央2枚に「小澤金物店」と聯にお願いしますと伝えました。


IMG_2500.jpg
(今までの文字とのあっけない別れ...。)



コンパスで中心をとっていきます。

IMG_2511.jpg



そして一気呵成に書いていきます。



IMG_2549.jpg


通常、書く前に「上品な文字でね!」「キュッとして余白をとってね!」とか言うところですが、
そんな隙は全くなく仕事は進んでいきました。




次見るとすでに2枚目。


早い。



IMG_2565.jpg




書き上げると金色の塗料を用意して裏面に。
白地の裏から金を入れていきました。


白文字は下書きで、ガラス文字は裏から色を入れるという事でした!なるほど!
(確かに昔のガラス文字は裏から書かれている。)



IMG_2581.jpg



飄々と進んでいきます。



IMG_2588.jpg



書き終えると助手の方が下書きを落としていきます。



IMG_2592.jpg



細かいところの調整をしていきます。



金文字だ〜!




IMG_2609.jpg



この時点で書き始めから45分経過。



IMG_2608.jpg



1時間足らずで完成しました。
あっという間でした。


お盆もあるし、お彼岸までくらいに書いてもらえたらいいなーと思っていたのですが、
電話して翌日午前中に仕上がり。


早い!



こちらの職人さんは、昔は映画会社からの手書きポスターを頼まれたりしていたそうです。
今でも選挙事務所の必勝という文字を入れた応援ポスターを書いたり、
さらにそこに龍の絵を入れたり、シャッターやトラックなどへの手書きなど様々な仕事をされているそうです。


下が仕上がった店舗入口のガラス戸です。


手書きならでは味わいある雰囲気に仕上がりました。
やっぱり金文字ですね!


これでおばちゃんも見やすくなったと言ってくれると思います。


やってよかったです。



IMG_2619.jpg







  • 1

UP