• HOME
  • INTERVIEW
  • 独自の視点とインテリアでつくる、名ヴィンテージマンションのオフィス空間

INTERVIEW インタビュー記事

2017/01/21

独自の視点とインテリアでつくる、名ヴィンテージマンションのオフィス空間

                                                                                                                                  (撮影 本多康司写真事務所 本多康司 )

オフィス訪問ブログも第4回。今回は物件の仲介をさせていただいたインテリアスタイリストの黒田美津子さんのオフィスを訪問。名建築として有名なヴィンテージマンションの一室であるお仕事場についてはもちろん、暮らしの中での家具との付き合い方についてなど...とても参考になるお話を伺いました。


mv_img_03053_1.jpg

mv_img_03053_3.jpg

入居前の室内。タイルカーペットにレールライト照明とシンプルな内装

1F部分のお部屋はシンプルながら、キッチンやトイレ等の設備まで建物のテーマカラーである黄色に合わせて、レトロな黄色。黒田さんはこの建物本来の個性を活かしつつ、無垢床への変更を希望。床の変化と併せて、ご入居後の室内を見せていただくのがずっと楽しみでした。     

44.jpg 黒田さん

入居者さんについて hanako創刊時よりフリーのライターとしてとしてスタイリング・執筆を担当した後、商業施設、ホテルから住宅まで様々なインテリアを手掛けている黒田さん。最近ではPanasonicのふだんプレミアムなど広告のスタイリングも行なっているそうです。

なんとこのお部屋の前オーナー様は学生の頃、家庭教師のアルバイトに行っていた方で、その家は黒田さんが数々の名作家具を初めて見て、触れた場所。そんな御縁がわかったり、思い出深いこのマンションに導かれるようにトントンとご入居が決まっていきました。 


11.jpg

カーペットは剥がし、ざっくりとした雰囲気の出る幅広のフローリング材を。

33.jpg

キッチン周りは木製の壁面を設け、室内全体をスッキリとした印象へ。


55.jpg

来客者を魅了する玄関スペース。

お引っ越しをして まずは建物について、「素敵なアイアンフェンスがあったり、室内はよく見ると梁が面取りをしてあったりと、見れば見るほど複雑で面白い、時間をかけた設計」と黒田さん。そんな人の温もりが感じられる空間を古いままでなく、新旧をミックスさせ独自の視点で新鮮な雰囲気にアレンジするのが黒田さん流。このお部屋も様々な形・色の家具をミックスしていますが、どこかモダンで独特の良い雰囲気にまとまっていました。

88.jpg

約40平米のスペースを3名~5名で利用されていますが、目線が気にならない机の配置かつミーティングスペース+ソファスペースも確保。掲載時より不思議と広く感じます...。

家具について なんと言っても黒田さんに伺いたいのが、家具の選び方。多種多様な製品がある中でオフィスから住居までどのように選ぶことが大事なのでしょうか...?

99.jpg

「やはりサイズ感は大事。また、椅子など全身が触れるものはたとえ予算オーバーでも自分が本当に心地良いものを、棚などあまり触れない部分はユーズドや安いものしたり...、メリハリをつけるのがおすすめ」と。


日々のオフィスでも気をつけていることはメリハリ。打合せになどに使うミーティングテーブルは常にきれいに整え、キッチン部分や収納庫などは多少は散らかっていてもよしとする、といったように分けているそうです。常にお部屋全体を素敵な状態に保つ事は大変ですが、メリハリ式ならすぐに取り入れられそうですね。


そしてなるほど、と思ったのが「自分を励ましてくれるような家具」をそばに置く事。黒田さんにとっては例えばガエ・オウレンティやアンドレ・プットマンなど90歳を超えても現役で仕事をしていた女性デザイナーの机などがそばにあることで日々を楽しく、励ましてくれるような気持になるそうです。(黒田さん曰く、仕事は基本的に辛く大変なので!笑)                                                                     

本多2.jpg

                                                                                                                                  (撮影 本多康司写真事務所 本多康司 )

本多さん3.jpg

                                                                                                                                  (撮影 本多康司写真事務所 本多康司 )

本多さん4.jpg

                                                                                                                                  (撮影 本多康司写真事務所 本多康司 )

取材後記 素敵なインテリアに憧れるけれど、どこから取りかかればいいか、どんな家具を置けばいいか...なかなか実現には難しいイメージを抱いていました。しかし、黒田さんの「自分を励ましてくれる家具」という言葉はとてもシンプルで印象的。なんだか希望が見えたような気分です...!

丁度家のソファテーブルが突然崩壊(?)したので、私も日々自分を励ましてくれる家具、探します!



<お客様情報>

黒田美津子(くろだ みつこ)

インテリアスタイリスト スタイル・ディレクター 

1988年「Hanako」(マガジンハウス)創刊メンバーとして雑誌記者に。
8年間のhanako記者生活の後、フリーランスとして出版各社の女性誌、デザイン誌を中心に各誌で
記事制作、執筆、スタイリングを担当。現在は広告、イベント、展示、商業施設、ホテル、住宅、レストランの
インテリアディレクション、スタイリング、コンセプトワークまで幅広く手がける。著書「HAPPY STYLE a to z」(ギャップ出版)など。

 黒田美津子事務所(Laboratory)




UP